日本漫画家協会賞 授賞式行って来ました

日本漫画家協会賞で「ママゴト」が優秀賞を頂いたんで帝国ホテルの授賞式にビビりながら行って来ました。

ちばてつや先生がマニアックな方なお陰でちば賞でデビューできて
1年ぐらいコソッと漫画描いて単行本一冊でも出せれば超ラッキーぐらいに思ってたのに
18年後にまだ漫画描いててまたちば先生に賞の授与を受けるなんてビタイチ想像もせんかったですよ。
賞状はちば先生の手描きです。お宝過ぎます。
今後は額に入れて家に来た人に見せびらかします。
d0066067_10542993.jpg

メジャー系の作家なのに趣味はマニアックな、せきやてつじさんに推薦のスピーチもして頂きました。
ママゴトゴリ押ししてくれてありがとうございます。

乾杯の音頭をとる時にやなせたかし先生が、本当に謎の音頭を唄い踊られ
受賞のありがたみ度が更に高まりました。
オシャレな帽子とスーツは御自身でデザインされた踊るやなせシルエット柄です。
d0066067_1058111.jpg

d0066067_1058361.jpg


鉄拳さんは特別賞だったので額の文字は「特別」。
報道陣に混ざってちっちゃい子がカメラ向けると、その子に向かってちっちゃくピースしてあげてました。
シュールな風貌でそういうことすると、ほのぼの度が更に高くなりますね。

バロン吉元先生がウエスタンコスで「マイ・シャローナ」をBGMに会場中を踊り練り歩き
誘い出された平田弘史先生が日の丸扇子で一緒に踊りだしたの拝見した時には
受賞したこっちがお金払わなきゃいけないんじゃないかと思うありがたい光景した。
d0066067_1101148.jpg


漫画家協会のマドンナ里中満智子先生に30過ぎて漫画家目指したことを誉められましたよ。
「いくつになっても漫画を描けるって、もっとみんな思って欲しい。年齢であきらめちゃダメ。」
とのことです。
小学生の時に里中先生の「6月4日月曜日」に衝撃受けましたつったら
「あの頃はスゴイ仕事してたから、あれは3日で描いたのよ」
などとサラッと答えられてまた衝撃を受けました。

文化庁メディア芸術祭でママゴトをゴリ押ししてくださった、みなもと太郎先生にも
ようやく御会いできました。「ふたりは恋人」摸写してましたよー。

親戚でも無く、年末年始にハム贈ったわけでも無いのに「ママゴト」押したり祝ったり誉めてくれたり買ったりしてくださった全部の方、本当にありがとうございました。

もう漫画描くの嫌んなってたとこにコミックビームで誘われたんで、近所のスーパーにパートに行くの一年伸ばしてちょっと描くかぁと思ったのがこうなるとは本当に思いませんでした。
近所のスーパーのパートの面接に受かったかどうかは怪しいので漫画描いて正解だったと思います。
ありがとう!読もう!コミックビーム!

なんかもう人生のピークはこれだと思うんで、このまま隠居してえと言うたんびに皆に怒られたので
もうちょっと漫画描こうかと思います。
[PR]
by himatsuda | 2013-06-22 11:16 | ママゴト