映画見た

ひっそり映画化報告に反応して頂いてありがとうございます。
今後もなんか御報告できることがあればひっそりここで書いたりします。
「赤毛のアン」の絵は30年くらい前に出版された「少年少女世界の名作集」の6巻目っていう脳内設定で描きました。平べったい下ぶくれ顔ばかり描いてたのでゴツゴツ外人顔は難しかったです。

こないだ久しぶりに映画見ましたよ。町山さんのお供で試写会にお邪魔させて頂きました。
『40歳の童貞男』おもしろかったですよ。
R15指定の下ネタコメディですが、登場人物は良い人ばかりだしえらく真面目な映画なんで親子で見ても大丈夫ってかんじですよ。んー、でもそんな親子はちょっといやですけどね。

なんかあれな、世界共通でこの手のキャラってゲームとフィギュア好きなオタクって設定にされるんだな。真面目に働いてるし、一人暮らしでも部屋はきれいだし、朝食もキチンと作って食べて自転車通勤する健康的なオタですけどね。

そんで若い頃にでき婚した三人の子持ちのエネルギッシュな中年女がヒロインです。
イメージ的には20年前の倍賞美津子 っぽいキャラです。
このヒロインが女にだらしないDV癖のある無職の男にひっかかって事件起こすのにエネルギーを使ったりせずにすんで良かったと思います。真面目なこの男と再婚してもう一人二人子供生んじゃいそうです。
猪口邦子大臣の推薦がとれそうな映画です。でもそんな推薦ちょっといやです。
[PR]
by himatsuda | 2006-08-06 04:08 | 雑記