カテゴリ:雑記( 42 )

d0066067_12352524.jpg

ものすごい締め切り地獄な訳ですが煮詰まってるし都知事選に投票してついでに花見した。視界の中が桜と菜の花でいっぱいで極楽のようでした。
つっても投票所の帰り道んとこでコンビニの弁当買って桜の下で食べただけですよ。
すぐ帰ったよ。本当だよ。これからがんばりますよ。
[PR]
by himatsuda | 2007-04-08 12:56 | 雑記
正月に田舎に帰って撮った写真です。もうすぐ取り壊される駅前のビルです。
「電子光線」も「やいと」もたったの500円。
d0066067_19135260.jpg

飲屋街にあった謎看板。
d0066067_19205968.jpg

駅ビルの本屋さんが「赤い文化住宅の初子」を置いて下さっていて大喜び。
d0066067_19253963.jpg

まだトップだけしかないんでどうしようかと思ったですけど町山さんも貼ってくれてたんで貼っておきます。

映画『赤い文化住宅の初子』のサイト

実は私、この正月についにめがねっこデビューしました。
老いの眼鏡と書いて老眼鏡ってやつですよ。
この一年くらい急激に目が見えなくなってたし、一時間も原稿描いてるとかすんで線が三重くらいになって弱ってたんですよ。かなり勘で線引いてました。

そんで実家に帰った時、何気に母のメガネかけてみたらすんんげえぇぇ見えてびっくり。久々に自分の指紋とか見えました。ちなみに薬指だけ渦状紋!
多分、5、6年前から老眼だったんですが面倒くさくて放置してました。
もう母が使ってないメガネだったんでそんままもらって大助かり。

これで画力アップするかと思いきや、そうでもなくてがっかりでした。
でも消しゴムのかけ忘れは減るとおもいます。

母には芸術の都パリで買ったきた本場物のベレー帽ももらったんで
「漫画家三種の神器」のうち二つがそろったってかんじです!
後一つはなんだろう。ドーナツ座布団かしら。
[PR]
by himatsuda | 2007-01-09 20:03 | 雑記
ひっそり映画化報告に反応して頂いてありがとうございます。
今後もなんか御報告できることがあればひっそりここで書いたりします。
「赤毛のアン」の絵は30年くらい前に出版された「少年少女世界の名作集」の6巻目っていう脳内設定で描きました。平べったい下ぶくれ顔ばかり描いてたのでゴツゴツ外人顔は難しかったです。

こないだ久しぶりに映画見ましたよ。町山さんのお供で試写会にお邪魔させて頂きました。
『40歳の童貞男』おもしろかったですよ。
R15指定の下ネタコメディですが、登場人物は良い人ばかりだしえらく真面目な映画なんで親子で見ても大丈夫ってかんじですよ。んー、でもそんな親子はちょっといやですけどね。

なんかあれな、世界共通でこの手のキャラってゲームとフィギュア好きなオタクって設定にされるんだな。真面目に働いてるし、一人暮らしでも部屋はきれいだし、朝食もキチンと作って食べて自転車通勤する健康的なオタですけどね。

そんで若い頃にでき婚した三人の子持ちのエネルギッシュな中年女がヒロインです。
イメージ的には20年前の倍賞美津子 っぽいキャラです。
このヒロインが女にだらしないDV癖のある無職の男にひっかかって事件起こすのにエネルギーを使ったりせずにすんで良かったと思います。真面目なこの男と再婚してもう一人二人子供生んじゃいそうです。
猪口邦子大臣の推薦がとれそうな映画です。でもそんな推薦ちょっといやです。
[PR]
by himatsuda | 2006-08-06 04:08 | 雑記
30年程前にやってたアニメ「元祖天才バカボン」のエンディング曲元祖天才バカボンの春(音でます)
の歌詞にある『41歳の春だから…』がついにやってきたんですよ。
満を持してってかんじですよ!

まぁ、ボンヤリしてるうちになっただけですが。
どんないい加減に生きてても着実に戸籍の年齢は増えてくというのは有り難いですね。
「精神」とか「脳」とか「肉体」の年齢みたいなチャラチャラした気まぐれな奴らとは大違いですよ。

「脳を鍛える大人のDSトレーニング」は流行ってたんでちょっとやったけどな。 川島隆太教授のやつ。なんかあれ脳にいいからとか言って、ダジャレ考えさせたり絵を描かせたりするのな。
一応私もプロなんでそんなもんタダで描くわけにいかないのよ。しかもポリゴン生首になってふわふわ浮いてる川島教授しか見てくれないんじゃやる気になれないのよ。
描いたものを教授が評してくれる機能まではついてないしさ。いい大人がつれない相手に空回りしても頑張る根性なんてないですよ。
ポリゴン生首に「プロとは思えませんね。」とか評されたくないけどな。大人なんでけなされても立ち直る根性無いしな。
もちろん「根性を鍛える大人のトレーニング」なんてあってもやんないやんない。

まぁそんな41歳の春なわけですよ。
満を持した割にはボンヤリしてたら春が終わりそうなんで今のうちにブログに書いてみました。41歳の春だからってだけの日記ですよ。
ほんとは他の事書くつもりだったけどもう面倒なんでやめます。
歌の歌詞通りに冷たい目で見ないで頂けたら有り難いです。よろしくお願いします。
[PR]
by himatsuda | 2006-04-18 06:08 | 雑記
今回のオリンピックはメダル無しかって騒がれた頃に「ひとつ説教たれて下さい!」っていうコメント取材が電話できたんですよ。「全くオリンピックに興味が無いし、別にメダル取れないからって腹も立たないです。」って答えたら電話切られました。
役立たずですんません。

興味が無い事を素でしゃべらされるのは苦手です。漫画やイラストでなら、「これは芸だから」ってことで思ってないこともでっち上げて描けるんですが。
どう違うんだよって思われるかもしれんけど違うんですよ。ええ。

興味は無くても今回のオリンピックでちょっとだけ印象に残った事はありました。
Yahoo!ニュースの見出しの「ショパンは荒川に合う」ってやつです。多分スケート滑るときのBGMがショパンというネタだったんでしょうが、パッと見て「ショパン荒川」っていう芸人がいるのかと思ったんですよ。

東京コミックショウのショパン猪狩と
d0066067_18202352.jpg

ばってん荒川
d0066067_18212866.jpg

がごっちゃになったイメージですね。若い人にはさっぱりイメージできないでしょうが。

あ、それから「日本全国酒飲み音頭」を作った元バラクーダーの
ベートーベン鈴木にBGMやらせてみたいです。
d0066067_18503290.jpg

華麗なるイナバウアーがぐっと一発芸な趣に!
ついでに浪花のモーツァルト、キダタローも混ぜた方がいいかしら。

たまにはブログで時事ネタに挑戦!とか思ったんですが、オリンピックについて素で語るとこれが限界です。すんません。
[PR]
by himatsuda | 2006-03-05 18:23 | 雑記
d0066067_9303236.jpg


写真は実家の工場の最寄り駅から見た風景です。
お久しぶりでございます。正月のご挨拶もやり辛いし読んでる方も受け止め辛いでしょうが、あけましておめでとうございます。

年末年始は締め切りに追われてブログの更新はできませんでした。
担当編集者もここ見てたりするんで「締め切りやばいのにブログにくだらないこと書いてんじゃねえよ!」と思われそうなんで、いや思うに違いないじゃないですか。

本当は寝転がって口半開きでニンテンドーDSでずーっと遊んでたりしたんですけど編集からの電話には「難航中ですが精一杯がんばっております!」って言い訳してるわけですよ。
だからブログで「ニンテンドッグスで散歩中に宇宙人拾えるそうなんでがんばってます!その宇宙人を犬に投げたらどう反応するのか見るまでやめられません!」とか書くのは漫画家として40歳も過ぎた人間としてやってはいけない事だと思うんですよ。

なんかもうね、遠くに行きたい気分になったりしますよ。申し訳なくて。
冥王星無人探査器「ニューホライズンズ」の打ち上げ見てて「ついでに私も乗っけて」とか思いましたよ。もう人間としてカウントしてくれなくていいですよ。人で無しなんで無人探査器なまんまでいいですよ。
そんで冥王星で宇宙人拾うまで帰りませんよ。
[PR]
by himatsuda | 2006-01-21 10:33 | 雑記
「ICO」が大好きだったんでやってみましたよ。

「ICO」の風景って アイルランドのイメージだったんですが、「ワンダと巨像」の方は20年以上前に行った群馬のマイナー温泉「やぶ塚」っぽいです。

巨岩から湧き出る温泉に馬が飛び込んだら雷鳴が轟き、冷泉になってしまったけど薬師如来が現れて「沸かせば効くから」とアドバイスしたという回りくどくて言い訳がましい伝説を持つ温泉です。

旅館の食事は蒟蒻づくしでした。デザートも当時はまだマイナーな存在だった蒟蒻ゼリーでカロリーも原価も低過ぎです。パンフレットには「山の幸をつくして…」とあったのに幸薄過ぎです。
なんだか話が「ワンダ」じゃなくて「無能の人」っぽくなってしまいました。

散歩してみましたが、誰も人がいないしビョービョーと空っ風が吹きまくる原野が続くばかりなんで、やぶ塚一押しの観光スポット木枯らし紋次郎テーマパーク 三日月村に行きました。

サイトの方に『「三日月村」がいま面白い。』とあるので今は面白いんでしょうが当時はただの廃村にしか見えず、三分もたなかったです。ドラマでもここは貧農だらけで紋次郎も蒟蒻で間引きされかけたし一家離散したりしてたんであまり面白がるのもどうかと思います。
「ジャパンスネークセンター」というやぶ塚二押しスポットはささくれた気持ちで爬虫類見てもなぁってことで行きませんでした。怪しい巨像もあったようですが。
d0066067_20383963.jpg

ちなみにここの人気土産はトカゲ柄のTシャツ
d0066067_2043565.jpg

それと蛇の抜け殻だそうです。「 頭から尻尾まで切れてないのがウリ」とのことです。
切ったやつを楽天でも売ってるようですが。

以上、初めてのゲーム評でした!
[PR]
by himatsuda | 2005-11-17 20:59 | 雑記
秘密結社赤い牙 というのは何かと言うと漫画家とアニメ関係者が作った集団です。
同人誌で活動資金を作ってました。
活動内容は秘密です。誤解を生みそうなサークル名ですが左翼集団ではありません。

d0066067_12441572.jpg
d0066067_12442711.jpg


8月14日 にビッグサイトで行われる コミケで赤い牙の2号、4号、5号を販売してますのでお好きな方はよろしくお願いします。
ブースは東5ホール ”ハ”−37a です。
赤い牙オフィシャルサイトをごらんになれば各号の執筆陣がわかります。

アフタヌーンとIKKIがお好きな方にはおすすめです。執筆陣の豪華さは同人誌の歴史の中でも一番だと思います。うっかり私まで混ぜてもらえて老後の良い想い出ができました。
[PR]
by himatsuda | 2005-07-31 13:03 | 雑記
とても良い娘さんですね。
親戚でも編集者でもなくセクシーラブリーアイドルなのに
薫の秘話を宣伝して頂けてありがたいです。

トラックバックしてみようかと思ったけど恥ずかしいのでやめときました。
[PR]
by himatsuda | 2005-07-23 10:24 | 雑記
あの、なんだか慣例として漫画描いてると名前の後に「先生」とかつけられるんですけど、大したものも描いてないので私には「先生」つけないでいいですからね。
まぁ、呼び捨てもなんでしょうから普通に「さん」あたりでひとつお願いします。

あと「洋子」は「ひろこ」と読みます。よく間違えられます。
「太平洋のようにひろい心の子になあれ」という意味でつけられたということになってましたが、実はただ単に親父の好きだった女の名だったというのを後年知りました。
和服が似合う人妻だったそうです。

写真の黄金虫はうちの台所にはいりこんでたやつです。
名前を調べてみたら「ドウガネブイブイ」と判明しました。金じゃなくて銅らしいです。
口に出して呼ぶと楽しい名前です。「ブイブイ」あたりを早口で言うといいかんじです。
写真撮影後窓から放しました。

d0066067_762357.jpg

[PR]
by himatsuda | 2005-07-17 07:11 | 雑記