<   2005年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

十年くらい前に週刊モーニングでやった、色んな作家さんにクリスマスの想い出をエッセイ漫画にしてもらうって企画で描いたものです。
吹き出し以外の文章が絵に紛れてちょっと読み辛いんでフォトショップでなんとかしようかと思いましたが無理なんであきらめました。
コマの上に書き足しておきます。


サンタクロースの存在を信じるもへったくれも「あいつはどうもええとこの家にしか関係ないらしい」と 思うとった
おやじはよそでサンタになっとるし
おかんは米屋に強迫電話

d0066067_9524274.jpg

ばーさんは唯物論の英才教育してくれるし
バブル時代に青春送ったが『恋人がサンタクロース』なわけもなく……

d0066067_1012658.jpg

クリスマスのイメージがやみくもな多幸感とすれば
一番近いのはホームレス状態でぼーっと雑踏を見てた時の様な気がする
寒くて疲れて腹減って頭がぼーっとしてたせいも多分あったろうが……
まあ もうやりたかないね

d0066067_10225985.jpg



米屋にはその後ちゃんと金払いましたよ。でも待たせて本当にすいませんでした。
今でもうちのおかんは「あの米屋には迷惑かけて申し訳なかったなぁ。ほんまに懐の大きいええ人じゃったけぇきっと出世しとるで!」と勝手に良い話ムードで語ります。

ばーさんは存命しております。天国もそこまで否定されたからには迎えにくる気も失せたかと思われます。

ホームレス状態だったのは19歳頃ですね。若い娘なんで真性ホームレスと違って潜り込むとこはなんぼでもあるんでそんなに大変じゃなかったです。
「私は何者でもなく何も持ってないヤッホー!」というよくわからない多幸感に満たされてましたが端から見たら不憫だったらしく見ず知らずの方に色々親切にされました。
名前も顔も覚えてないですがありがとうございました。
[PR]
by himatsuda | 2005-12-03 10:56 | 昔の原稿
IKKIで「フライングガール」連載中の笠辺哲さんのミミッチです。
元キャラからものすごくフライングしてます。
d0066067_81813100.jpg

でもキラリと光るみみっちさを感じます。豆球ぽいです。
最近だとアレだ、発光ダイオードぽいかんじでしょうか。

ということで発光ダイオードの街へと出かけてみました。
d0066067_8244751.jpg

のっけてみると哀しいホタルのようです。薄幸ダイオード。
白色なのに赤色エレジーな趣き。身も心も冷え込みます。
d0066067_8542584.jpg

[PR]